直線上に配置

円谷英二的日本特撮映画史



宇宙快速船★★★
1961年(昭36)7月19日公開/ニュー東映/75分/
モノクロ/東映スコープ
 
- - 脚本 森田信  監督 太田浩児
撮影 藤井静 音楽 鏑木創  美術 下沢敬吾
 特殊技術 矢島信男  - - - -
出演-千葉真一・江原真二郎・松本克平・水上竜子・山本哲平

テレビ番組「ナショナルキッド」から派生した映画のようだ。

物語は少年達が主体の陳腐なものだが、特撮シーンはかなり見るべきものがある。

円盤と主人公が乗る快速船との迫撃シーン。実写とミニチュアを同じカットに取り込み、爆破させている。

この映画での各種建物の爆破シーンがまた素晴らしい。円谷特撮では見られない、横に爆破するカットが多く、迫力がある。

クレジットされていないが、特撮は矢島信男が担当。

矢島信男はWikiによると

1949年に東京物理学校理化学科を中退し、松竹へと入社。大船撮影所に配属される。
新入当時は編集から現像、直営館の窓口で切符のモギリに到るまで興行の流れを一通り体験した事が、後々のコスト感覚に優れた演出への貴重な礎となって行く。
早くから劇場映画のカラー化に興味を持っていた事と、ジョン・フォード監督の『ハリケーン』という作品を観た事から特殊技術にも興味を持ち始め、松竹大船撮影所の特殊技術課において、撮影監督を務めていた川上景司への師事を選択する。
日仏合作映画の『忘れえぬ慕情』では助監督・キャメラ・合成を担当。同作で知り合ったフランスの編集マンを通じて編集作業に興味を抱くようになる。

松竹には敗戦後の公職追放によって東宝を離れていた円谷英二が顧問として在籍しており、帰路が同じだったこともあり、話を聞かせてもらう機会も多かったという。円谷から『ゴジラ』にも参加の話が来たが、松竹に在籍していたこともあり辞退している。
また、ウルトラマンのデザインを手掛ける成田亨も『忘れえぬ慕情』の特殊技術を手伝っていた関係から親交も深まり、二科展に成田の作品が入選した時は二人で祝杯を挙げている。

映画監督の木下恵介には、1955年の『野菊の如き君なりき』の登場人物の心情をあらわすために、楕円形のマスクをかけたカットを通じて、ドラマとして情景カットを取る姿勢を教えられている。

また、撮影監督の三木茂とは仕事上での接点はなかったものの、「作品を作るのは、編集でもキャメラでもなくハートである」という心構えを教わり、この言葉は、その後の撮影ポリシーとなっている。

なお、カラー時代の松竹マークは矢島の制作したものである。これは撮影仲間同士でカラー撮影の研究会をやっていた折、誰も引き受ける者がいなかったために、押し付けられた形で担当したものである。

1959年には、東映社長の大川博からの誘いもあって松竹を退社。松竹特殊技術課の縮小に伴い不要となっていたエリアルイメージ合成機を手土産に、東映東京撮影所へ移籍する。同撮影所内に設立されたばかりの特殊技術課は、課長の小西昌三が予算管理などの職務を担当しており、撮影監督は松竹出身の矢島と新東宝出身の上村貞夫の2名のみ。技術スタッフも美術の成田亨や合成の山田孝など、必要最小限なチーフ担当者以外には、助手が数名ほどの規模であった。同時期の東宝特殊技術課とは比較にならぬスタッフ数や低予算を強いられながらも、矢島と上村は量産期の東映映画で多くの特撮演出を手掛ける。

東映での第1作は『高度7000米 恐怖の四時間』。本作の監督である小林恒夫とはその後も多くの作品で組むことになる。
また、東映京都撮影所の作品も多く手掛け、東京と京都の往復で大変だったと言う。その中で、1960年の『海賊八幡船』は大作扱いにも拘らず予算オーバーの問題が発生し、さらに撮影中に火災事故も発生しながらスタッフと協力してやり遂げている。

また、本作の助監督を担当し、後年はプロデューサーとして活躍する平山亨は、東京から来る特撮技師に関心を抱き撮影所を見に行ったところ、京都撮影所の問題点を的確に指摘して颯爽と所長室に引き上げる姿を見て「スゴイ」と感じたという。

後年、『宇宙からのメッセージ』などで組むこととなる深作欣二とは深作のデビュー作である『風来坊探偵 赤い谷の惨劇』からのつき合いで、撮影方法が共通するなど感覚が似ていたこともあり仲が良かったという。

松竹の特撮はオーソドックスな形式であったのに対して東映はテンポが速い特撮を要求されるために、当初は戸惑いもあったものの、二通りの撮影を経験できたことで「いい経験になった」と述懐している。

また、松竹時代の経験も活かして、絵コンテを用いた独自の撮影方法をこの時期に考案。現場のセッティングを変えないまま、可能な限りのカットをまとめ撮りする事で撮影期間を短縮し、編集によって映像の流れを組み立てて行く演出はコストパフォーマンスの高さもあって、後の円谷プロダクションにおける仕事でも重宝される存在となった。


以下Wikiより作品紹介を転載
-------------------------------------------------------------------------

スーパーヒーローであるアイアンシャープが地球侵略を諮る宇宙人と戦う物語を、SF・アクション・特撮で描いた作品。
千葉真一の主演第3作でテレビドラマ『ナショナルキッド』を土台として映画化された。千葉の華麗なアクションと特撮による都市破壊シーンが話題となり、ラスト20分は臨場感あふれる展開が繰り広げられている。

タイトルにもなっている宇宙快速船は、ミニチュアとスポーツカーを改造した実車で表現している。

アメリカ合衆国では1962年にウォルター・マンレイ・エンタープライジーズの配給により、特別番組として『Invasion of the Neptune Men』(インベージョン・オブ・ザ・ネプチューン・メン)のタイトルで放映された。

レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのアルバム「バトル・オブ・ロサンゼルス」の1曲目「テスティファイ - Testify」のミュージック・ビデオには、本作から宇宙人の来襲と逃げ惑う地球人のシーンが流用されている。





TOP

弊社の配信するコンテンツ・動画等の整合性・信頼性に関しては万全を期しておりますが、
それにより生じた損害に対しては一切 の保証を負いかねます。
弊社が提供するコンテンツを無断で複製すると、著作権侵害となります。
Copyright (C) 2020, zeicompany. All rights reserved.
Free to Link
直線上に配置