直線上に配置

円谷英二的日本特撮映画史



宇宙人東京に現わる★★★
1956年(昭31)1月29日公開/大映/82分/
総天然色/スタンダード
  
製作 永田雅一 脚本 小国英雄  監督 島耕二
撮影 渡辺公夫 音楽 大森盛太郎  美術 間野重雄
 特技 的場徹
築地米三郎
田中捨一
 色彩指導 岡本太郎
出演-川崎敬三・目黒幸子・苅田とよみ・南部彰三・山形勲・見明凡太朗・永井ミエ子・古来岐代子

本邦初のカラー特撮映画。

地球に友好的な宇宙人パイラが、地球に惑星Rが激突する情報を伝えにやってくる。地球上の水爆を全て打ち込むが失敗、結局山形勲の発明した爆弾をパイラ人が打ち込んで、地球は救われる。という物語。

冗長なところもあり、とこか牧歌的でもあるが、初のカラー特撮映画としての水準は高い。
惑星接近に伴い天変地異が起こるシーンは、のちの「妖星ゴラス」を想起させる。

特撮スタッフの的場徹はこの後も大映の「釈迦」(1961年)「鯨神」(1962年)などの特撮を担当。のちに円谷プロに招かれて「ウルトラQ」などを担当。築地米三郎は「大怪獣ガメラ」(1965年)の特撮を担当している。

今から見ると、パイラ星人が近づく効果音は、「ガメラ」シリーズにおける、ガメラのジェット噴射の音と同じであり。パイラ星人の宇宙船の中は「ガメラ対宇宙怪獣バイラス」(1968年)と酷似している。





TOP

弊社の配信するコンテンツ・動画等の整合性・信頼性に関しては万全を期しておりますが、
それにより生じた損害に対しては一切 の保証を負いかねます。
弊社が提供するコンテンツを無断で複製すると、著作権侵害となります。
Copyright (C) 2020, zeicompany. All rights reserved.
Free to Link
直線上に配置