直線上に配置

円谷英二的日本特撮映画史



翼の凱歌★★
1942年(昭17)10月15日公開/東宝/109分/
モノクロ/スタンダード
  
製作 東宝映画 脚本 外山凡平
黒澤明
 監督 山本薩夫
撮影 宗倉泰一 音楽 服部良一  美術 -
 特殊撮影 円谷英二  -  -  -  -
出演-岡譲二・月田一郎・入江たか子・進藤英太郎・河津清三郎・清水将夫

後援が陸軍航空本部・航空局であるところから、当時の戦闘機「隼」の性能を見せるためのPR企画だろう。
脚本に黒澤明がからんでいるので期待したが、テンポの鈍い母もの国策映画だった。

しかし役者はそれぞれ適役で良いと思った。

弟役の月田一郎、調べたら1945年に亡くなっていた。映画の公開3年後だ。
月田は1936年に山田五十鈴と結婚して、瑳峨三智子をもうけたが1942年に離婚、親権を巡って争い、勝訴して美智子を引き取る。しかし終戦後の1945年、昭和20年の9月にメチルアルコール中毒で35歳で死去している。

円谷英二の特撮は、最初の墜落シーンの数カットと、敵機B-17の墜落カット、そしてラストのテスト飛行の宙返りのロングカットくらいしかない。

そんな数カットなのに「特殊撮影 円谷英二」クレジットされているのは、当時でもかなり重宝されていたからなのだろうか。





TOP

弊社の配信するコンテンツ・動画等の整合性・信頼性に関しては万全を期しておりますが、
それにより生じた損害に対しては一切 の保証を負いかねます。
弊社が提供するコンテンツを無断で複製すると、著作権侵害となります。
Copyright (C) 2020, zeicompany. All rights reserved.
Free to Link
直線上に配置