直線上に配置

円谷英二的日本特撮映画史



透明人間★★
1954年(昭29)12月29日公開/東宝/70分/
モノクロ/スタンダード
  
製作 北猛夫 脚本 日高繁明  監督 小田基義
撮影 - 音楽 紙恭輔  美術 安倍輝明
 撮影
特技指導
円谷英二  撮影 有川貞昌 美術 井上泰幸
合成  幸隆生        
出演-河津清三郎・三條美紀・土屋嘉男・高田稔・藤原釜足・村上冬樹・沢村宗太郎・近藤圭子

「ゴジラ」の約2ヶ月後に公開された、円谷英二が本編の撮影も兼ねた怪人映画。
「美女と液体人間」等の変身怪人シリーズの原型となった映画。

「ゴジラ」の大ヒットによって、元々はカメラマン出の円谷に、本編の撮影もお願いした「功労賞」的な側面も当時の事情からあったのかもしれない。あるいは次作の「ゴジラの逆襲」の監督が同じ小田基義なので、顔合わせ的な意味合いも含まれているのかもしれない。

特撮シーンは、服を脱いでいった際の透明の合成と、ラストのコンビナート爆発シーンだろう。

スクターらしき二輪のバイクが走るシーンは、どうやって撮ったのだろうか?





TOP

弊社の配信するコンテンツ・動画等の整合性・信頼性に関しては万全を期しておりますが、
それにより生じた損害に対しては一切 の保証を負いかねます。
弊社が提供するコンテンツを無断で複製すると、著作権侵害となります。
Copyright (C) 2020, zeicompany. All rights reserved.
Free to Link
直線上に配置