直線上に配置

円谷英二的日本特撮映画史



太平洋の鷲
1953年(昭28)10月21日公開/東宝/119分/
モノクロ/スタンダード
  
製作 本木荘二郎 脚本 橋本忍  監督 本多猪四郎
撮影 山田一夫 音楽 古関裕而  美術 北猛夫
 特殊技術 円谷英二  美術 渡辺明 合成  向山宏
出演-大河内傳次郎・二本柳寛・清水将夫・柳永二郎・三船敏郎・菅井一郎・志村喬・見明凡太朗

終戦8年後に制作された「反戦」的な映画。

本多猪四郎と円谷英二の初コンビ作。さらに中島春雄が火だるまになる航空兵のスタントとして出演している。

山本五十六を大河内傳次郎が演じている他、出演者は軍人のみで、開戦前から五十六の死までを描いている。

ハワイの奇襲は「ハワイ・マレー沖海戦」からの流用、その他の空中戦は「雷撃隊出動」「加藤隼戦闘隊」からの流用。ミッドウェイ海戦のシーンみが新撮のようだ。

ミニチュアによるミッドウェイ島の爆撃シーンが素晴らしい。逃げ惑う人々との合成カットも凄い。
また改装した漁船を、空母に見立てての海上爆撃シーンは、そのスケールからして実写と錯覚してしまうほどの出来。

「ゴジラ」の1年前の作品。


以下Wikiより転載
-----------------------------------------------------------------------------------------------
山本五十六の半生をもとに、日独伊三国軍事同盟の締結から真珠湾攻撃、ミッドウェー海戦、海軍甲事件を描くことで、太平洋戦争がどのようにして開戦して推移したのかを、構想2年、制作費1億7,000万円をかけてドキュメンタリー風に描いた作品である。監督は本多猪四郎。脚本は橋本忍。特殊技術は円谷英二。

太平洋戦争をはじめとする第二次世界大戦を題材にした映画作品は数多く制作されているが、戦争に巻き込まれた市井の人々を中心に描いた他の作品とは異なり、制作当時存命中だった人物を含む戦争責任があるとされる人物を登場させ、さらに戦闘場面を再現することで、本格的に戦争を取り上げた戦後初の映画である。

主人公の山本五十六は大河内傳次郎が演じた。また、航空兵役の中島春雄は、本作で身体に火をつけての日本初のファイヤー・スタントを演じた。

のちに『ゴジラ』を生み出すことになる本多猪四郎と円谷英二の初コンビ作品でもあり、航空母艦「赤城」の漁船を改造した巨大ミニチュアや実物大セットなどが組まれた。
プロデューサーの森岩雄は、ハリウッドの製作方式を参考に絵コンテを細分化した「ピクトリアル・スケッチ」を導入し、本編と特撮の合理化が図られた。
ただし、戦闘シーンは主にアメリカ軍極東航空司令部が提供した映像を含む記録フィルムと『ハワイ・マレー沖海戦』、『加藤隼戦闘隊』、『雷撃隊出動』などの戦時中の戦争映画からの流用である。
そのため、海軍には配備されていない一式戦闘機が多く登場するほか、スーパーマリン スピットファイアなどのイギリス軍戦闘機がミッドウェー島に存在する。





TOP

弊社の配信するコンテンツ・動画等の整合性・信頼性に関しては万全を期しておりますが、
それにより生じた損害に対しては一切 の保証を負いかねます。
弊社が提供するコンテンツを無断で複製すると、著作権侵害となります。
Copyright (C) 2020, zeicompany. All rights reserved.
Free to Link
直線上に配置