直線上に配置

円谷英二的日本特撮映画史



空の大怪獣ラドン★★★
1956年(昭31)12月26日公開/東宝/82分/
総天然色/スタンダード
  
製作 田中友幸 脚本 村田武雄
木村武
 監督 本多猪四郎
撮影 芦田勇 音楽 伊福部昭  美術 北辰夫
 特技監督 円谷英二  撮影 有川貞昌 美術 渡辺明
合成  向山宏  照明 城田正雄  造形 利光貞三
操演  中代文雄  撮影助手 富岡素敬・真野田陽一  美術助手 井上泰幸・入江義夫
成田亨
出演-佐原健二・白川由美・平田昭彦・小堀明男・田島義文・村上冬樹

この年の6月に公開された「白夫人の妖恋」の後、すぐにこの作品の製作に入ったと思われる。

怪獣映画としては初の総天然色・カラー作品。

物語は前半と後半で分離している。
最初の炭鉱の事件から、突然民家の軒先にメガヌロンが現れるのは唐突感しかない。それまでじっくりと得体のしれない恐怖を描いてきたのにもったいない。

後半からは暴れまわるラドンの、圧倒的なミニチュア特撮が堪能できる。西海橋のシーン、博多の砲撃シーン共に素晴らしい。

ただラドン出現の原因を、取ってつけた原水爆の実験と語るシーンや、別のラドンが突然現れるシーンなど、脚本の不備が目立つ。


以下Wikiより転載
--------------------------------------------------------------------------------------------

ラドンに破壊されて崩落するビル内で人が逃げているシーンは「鏡をミニチュアのビルの中に置き、人物を映す」という古典的な方法で撮影されており、丸大ハンバーグの巨人のCMなどでも使われていたが、1996年に公開された『ガメラ2 レギオン襲来』では、オマージュ的意味合いも込めてこの方法が採用されている。

ラストシーンは当初、噴火する阿蘇山上空を2匹のラドンが弧を描いたまま飛ぶシーンで終わる予定だった。だが、溶鉄を溶岩に見立てたために撮影現場は高熱に包まれ、その熱は本番中にラドンを吊っていたピアノ線を焼き切ってしまい、操演不能になった。特技監督の円谷英二は操演スタッフのアドリブだと思ったため、撮影の有川貞昌らに「まだキャメラを止めるな!」と叫んで撮影を続けさせた(撮影終了後に操演スタッフから事情を聞いたが、撮り直さないことに決定した)。
結果的に、本当に力尽きたかのように見えるラストシーンとなったこのアクシデントについて、「ピアノ線が切れたのを見た円谷が『この状態なら本当にラドンが苦しんで見えるはずだ』と瞬時に判断し、中断しかけた撮影を続行させた」というのは、厳密には間違いである。本多も円谷も「この2頭のラドンは雄と雌のつがい」であるとコメントしている。

西海橋や岩田屋のシーンでは、ラドンの着ぐるみを内部の中島春雄ごとピアノ線で吊り下げるという危険なワイヤーアクションで撮影されており、映画界での使用としては最初期と見られる。また、ピアノ線による操作で画期的と評されたのが、自衛隊機の表現である。
『ゴジラ』では黒い幕を背景にして固定された状態のミニチュアから火薬を仕込んだロケット弾を発射させていたが、
本作では真昼の青空を背景にしてピアノ線で操作されたミニチュア機からロケット弾が発射されていた。
このような「ミニチュアを飛ばしながら発砲させる」という表現は「発砲時の反動でミニチュアが揺れてしまう」というアクシデントを起こしやすいが、それを最小限に抑えるために円谷はミニチュアの機首部、左右の主翼付け根、翼端、尾部など、
複数個所にさまざまな角度からピアノ線を張って操作するという、より高度かつ複雑な技術を考案して撮影に臨んだ。この優れたピアノ線操作が、「自衛隊機が西海橋のアーチの下をくぐり抜ける」という名場面を生むことにもなる。

ラドンと空中戦を繰り広げるF-86Fセイバーの撮影には、ミニチュアだけでなく実物大モデルも用いられている。円谷の要望により特殊美術の入江義夫が実機の資料と写真から図面を起こしたが、キャノピーの透明部分は当時の技術では制作できず、アメリカ空軍から本物のパーツを借用している。入江は実物ゆえに芝居部分に迫力が出たと評しているが、透明部分がブルーバック合成で抜きにくくなるなどの苦労もあった。

オネスト・ジョン搭載車両のミニチュアは、当時多忙であった郡司模型に代わり山田模型社が制作したが、木製ゆえにミサイル発射時の火薬で燃えてしまうというトラブルが発生している。
特殊美術の入江義夫はこのトラブルをきっかけに、火を用いる撮影には金属製のミニチュアでなければならないと考え、それ以降は郡司模型製の金属モデルを多用するようになった。





TOP

弊社の配信するコンテンツ・動画等の整合性・信頼性に関しては万全を期しておりますが、
それにより生じた損害に対しては一切 の保証を負いかねます。
弊社が提供するコンテンツを無断で複製すると、著作権侵害となります。
Copyright (C) 2020, zeicompany. All rights reserved.
Free to Link
直線上に配置