直線上に配置

円谷英二的日本特撮映画史



ゴジラ・エビラ・モスラ
南海の大決闘
 ★★
1966年(昭41)12月17日公開/東宝/87分/
総天然色/シネマスコープ
 
製作 田中友幸 脚本 関沢新一  監督 福田純
撮影 山田一夫 音楽 佐藤勝  美術 北猛夫
 特技監督
監督補
円谷英二
有川貞昌
 撮影 富岡素敬
真野田陽一
美術 井上泰幸
合成  向山宏  照明 岸田九一郎 光学撮影 徳政義行
川北紘一
 製作担当者 坂本泰明  操演  中代文雄  監督助手 中野昭慶
出演-宝田明・水野久美・砂塚秀夫・平田昭彦・田崎潤・伊藤久哉・天本英世


これまで公開されたゴジラシリーズの中では一番つまらない。
また予算も縮小しているのか、話に広がりがない。

監督が福田純、音楽が佐藤勝と、それまでの本多猪四郎、伊福部昭とは異なり、新軸を目指したのかもしれない。
円谷英二特技監督も、前作の「サンダ対ガイラ」である程度の極みまで達してしまったからか、有川貞昌を監督補として、後ろに退いてしまったのだろうか。

もはやゴジラもモスラも、既定の人気者怪獣であり、航空機攻撃でのゴジラはダンスを踊っている風な演出になっている。
明朗快活な東宝のお正月映画としては合格点の映画だろう。居眠りするゴジラに、子供達はキャッキャして喜んだことだろう。

良し悪しはともかく、ミニチュアの稚拙さも含めて、個人的には薄ら寒い映画だった。

以下Wikiより転載

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

本作の公開年である1966年(昭和41年)5月、
東宝は『キングコング対ゴジラ』(1962年、本多猪四郎監督)製作の際にアメリカのRKO社から取得した「キングコング」の5年間分のキャラクター使用権を活用してもう1本「キングコング映画」を製作しようと、南海の孤島を舞台にキングコング、エビラ、モスラの3大怪獣の登場する特撮映画『ロビンソン・クルーソー作戦 キングコング対エビラ』を企画する。
監督には福田純を予定し、関沢新一によって脚本化されたが、アメリカ側が内容に難色を示したため、この企画は仕切り直されることとなり、より合作色の強い『キングコングの逆襲』(1967年、本多猪四郎監督)として翌年に制作されることとなった。

一方、不採用となった『キングコング対エビラ』の脚本は、主役のキングコングをゴジラに置き代え、「ゴジラシリーズ」の一編として再利用されることとなり、本作が製作された。
本作におけるゴジラが『キングコング対ゴジラ』のキングコングに近く陽気な性格になっていたり、落雷を浴びて復活する描写が見受けられるのは、この経緯による。このキャラクター性の変化は子供たちから好評を得て、以降の昭和シリーズが子供向け路線へと転換する一因となった。

島の娘ダヨには、内藤洋子や酒井和歌子に続く1966年のホープ・高橋紀子が起用され、撮影も開始されたが、彼女は急性虫垂炎で入院してしまう。
そこで、「ゴジラ映画なら……」と急遽水野久美が代役を務めることになり、当時29歳の水野が19歳の高橋を想定して書かれたシナリオのままに演じている。
また、『モスラ』(1961年)以来ザ・ピーナッツが演じてきた小美人は、本作では彼女たちと同様に双子タレントであるペア・バンビに交代している。

本編監督や音楽担当も、それまでの「ゴジラシリーズ」の主軸を務めた本多猪四郎から福田純へ、伊福部昭から佐藤勝へ変わり、
作風もそれまでの重厚なものから軽快なものへ変わっている。特殊技術スタッフも、撮影の有川貞昌が監督補に昇格し、事実上の特技監督を務めた。

キャスティングも「眼帯をつけた平田昭彦」「田崎潤の司令官」など、それまでの作品とは善悪が逆転したパロディ的な要素が見受けられる。特に平田は、それまで「怪獣や宇宙人と心中する」ことはあっても決して「怪獣に殺される」ことは無かったが、本作では「エビラのハサミによって船もろとも海に沈められる」という、ファンの意表を突く死に様を演じて見せた。ラストのレッチ島崩壊シーンは『大冒険』(1965年、古澤憲吾監督)の流用である。

当初、東宝の国際部では本作に『EBIRAH 〜HORROR OF THE DEEP〜(エビラ・深海の恐怖)』という英語タイトルを付けて世界各国へ売り込んだが、アメリカでは『Godzilla vs. the Sea Monster(ゴジラ対海の怪物)』の題名で公開された。
タイトルクレジットが全て英語に変更され、台詞もすべて英語にアフレコし直されている。英語版の演出は、ピーター・フェルナンデスが担当した。

元々本作はキングコングを出演させる予定だったため、巨大なコンドルの登場は『キングコング』に登場したプテラノドンのオマージュとなっている。
造形物は、1964年公開の『三大怪獣 地球最大の決戦』で作られた飛行用のラドンの1尺サイズミニチュアの改造。
このミニチュアはゴジラと同時に円谷特技プロへ貸し出され、テレビ番組『ウルトラQ』の第1話「ゴメスを倒せ!」に登場する怪鳥リトラに改造されており、返却後に本作用として再改造された。なお、改造はすべて東宝の特殊美術スタッフによる。

レッチ島で、大コンドルとの戦いに勝ったあとにゴジラは鼻を人差し指でこするが、これは加山雄三の「君といつまでも」に出てくる歌詞のせりふ、「シアワセだなぁ」の際に取る行動の真似である。

本作品で初めて、怪獣同士の本格的な水中戦が描かれた。水中シーンは、実際の水中での撮影とセットでの疑似水中を併用している。ゴジラを演じた中島春雄は、スキューバダイビングに長けていたという。

エビラのスーツアクターは関田裕。
特技監督の有川貞昌は、「エビラの恐怖感と緊張感を出すため、撮影時には寄り(アップ)を主にし、ハサミの強さや人間を捕食する口の動きの不気味さ、グロテスクさを強調した」と語っている。
ポスターやスチール写真では陸に上がってゴジラと絡む姿が見られるうえ、その際にサソリのイメージを入れて尻尾を逆反りさせた「逆エビ」態勢を取っている。
造形は利光貞三(頭部)、八木康栄(胴体)による。
スーツは、人が入らずに操演用のミニチュアとしても使えるように上半身と下半身がセパレートになっており、海から顔を出して演技する場合は上半身だけ着用している。ハサミだけの巨大な造形物も用意され、海でヨット「ヤーレン号」や小舟を襲うシーンに使用された。

『南海の大決闘』当時の東宝取締役であった後藤進は、エビラの登場理由について「人間みたいな二本足が二人立っても面白く無いから」と述べている。
『怪獣総進撃』の検討用台本『怪獣総進撃命令』の段階では登場が予定されていた。





TOP

弊社の配信するコンテンツ・動画等の整合性・信頼性に関しては万全を期しておりますが、
それにより生じた損害に対しては一切 の保証を負いかねます。
弊社が提供するコンテンツを無断で複製すると、著作権侵害となります。
Copyright (C) 2020, zeicompany. All rights reserved.
Free to Link
直線上に配置