直線上に配置

円谷英二的日本特撮映画史



怪獣大戦争 ★★★
1965年(昭40)12月19日公開/東宝/94分/
総天然色/シネマスコープ
 
製作 田中友幸 脚本 関沢新一  監督 本多猪四郎
撮影 小泉一 音楽 伊福部昭  美術 北猛夫
 特技監督 円谷英二  撮影 有川貞昌
富岡素敬
美術 渡辺明
合成  向山宏  照明 岸田九一郎 光学撮影 真野田幸男
飯塚定雄
 製作担当者 小池忠司  操演  中代文雄  造形 利光貞三
出演-宝田明・水野久美・久保明・土屋嘉男・田崎潤・沢井桂子・田島義文・田武謙三・佐々木孝丸・村上冬樹・塩沢とき

前年の東宝正月映画「三大怪獣 地球最大の決戦」に続き、この年も東宝の年末公開の正月映画となった。
前年と同じキングギドラが悪役として再登場。地球側はモスラが抜けた、二大怪獣となっている。

「地球防衛軍」「宇宙大戦争」と似た地球侵略物と、怪獣映画の要素を融合した本作、侵略側であるX星人の総統は、同じ土屋嘉男が演じている。また海外輸出を念頭に、「フランケンシュタイン対地底怪獣」のニック・アダムスが再登場している。

スケール感で言えば、過去の作品のコピー映像が多く使われ、何故か戦闘機が一機も登場しないなど、予算縮小しているのが分かってしまうのが残念。観客動員数も年ごとに減少して行ったこの時代では仕方ないだろう。

それでも特撮シーンでは、ゴジラの足の部分や、尻尾の部分の接写撮影で、迫力あるカットが撮られている。
そして、海外では「ダンシング・ゴジラ」と呼ばれた、「シェー」をする愛嬌あるゴジラが見られる。これは受けを狙った、プロデューサーの注文だろうと思っていたが、円谷英二監督自らの発案だったらしく、その円谷の柔軟性には、ただただ驚くばかりだ。

以下Wikiより転載
---------------------------------------------------------------------------------------------------------

東宝の二大特撮看板である「怪獣映画」と、『地球防衛軍』に始まる「空想科学映画」を融合させた作品。

ストーリー面では怪獣同士の対決よりも、地球人とX星人の織りなすドラマに重点が置かれている。
昭和シリーズでのゴジラが地球外へ飛び出して活躍するのは、本作が最初で最後であった。

オープニングに用いられている曲は伊福部昭が戦前に帝国海軍からの委託で作曲した「古典風軍樂 吉志舞」以来、『ゴジラ』のBGM「フリゲートマーチ」などに用いられてきた旋律であり、後年にはゴジラファンとしても知られる格闘家の佐竹雅昭のリング入場曲[注釈 1]として用いられているほか、現在は自衛隊のイメージ曲として定着している。

『フランケンシュタイン対地底怪獣』に続く来日出演となるニック・アダムスは、日本のスタッフや俳優たちと積極的に交流し、明るい性格で非常に親しまれた。共演した水野久美によれば、「アメリカにいるワイフとは離婚するから結婚しよう」と、劇中さながらにしつこく口説かれたという。

ラドンの暴れる特撮シーンの一部には、『空の大怪獣ラドン』や『地球防衛軍』、『モスラ』などの過去のフィルムが流用されている。その一方、かなり大規模な都市破壊用ミニチュアも新規に組まれている。

劇場公開当時に流行していた、赤塚不二夫の漫画作品『おそ松くん』中のギャグ「シェー」をゴジラが行う場面があるが、これについてゴジラを演じた中島春雄は、「『シェー!』を撮ろうと言い出したのはオヤジさん(円谷英二)なんだよな」とコメントしている。

劇場公開当時のフィルムには「明神湖」「鷲ヶ沢」のテロップが焼き込まれていたが、のちに失われ、2013年時点の映像ソフトでは見ることができなかった。しかし、2014年には日本映画専門チャンネルの「総力特集ゴジラ」で、「明神湖」「鷲ヶ沢」のテロップを現存プリントから復元したものが放送された。

地球連合宇宙局の新鋭木星探検ロケット、P-1号の模型製作は「アカツキ工芸」に外注され、大型サイズのミニチュア2台と小型サイズのミニチュア5台が作られた。
自走できないため、大型サイズは牽引車ともどもピアノ線で引っ張って動かし、小型サイズは下から棒をつけて動かしていた。小型サイズのものは撮影で1台爆破されており、編集で2台爆破されたように見せている。
その後、『ウルトラマン』第3話・第11話で牽引車抜きで熱戦砲車として流用された後、『フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ』で「メーサー殺獣光線車」に改造された。『ウルトラマン』第11話では、メーサー殺獣光線車と熱線砲車が一緒に写るカットがある。

X星の円盤は、P-1号やAサイクル光線車と併せ、デザインはすべて渡辺明と井上泰幸による。FRP製で、内部に電飾を仕込み、操演用のピアノ線からの送電で発光する。司令円盤と併せ、1尺サイズのミニチュアが3機ほど作られた。アップ用のものは3尺ほどあった。
飛来した円盤が空中でピタリと静止する映像は、フィルムの逆回転で表現している。
円盤が湖上に浮かび上がるシーンでは、ドライアイスを使って糸を引くような渦を表現している。
地球人との初会談のシーンの屋外ロケでは、画面に映る下半分だけの実物大の円盤が作られた。
1968年に公開された『ザ・タイガース 世界はボクらを待っている』ではアンドロメダ星の王女シルヴィの自家用宇宙船として流用されている。その際にサイケデリックな塗装も施された。この映画では千葉県九十九里海岸に実物大のセットも作られた。やはり音波に弱くエレキギターの音に狂わされて地球に不時着することになっている。

北米へは『Invasion of Astro Monster』(宇宙怪獣の侵略)の題で輸出された後、1970年に『Monster Zero』に改題して『フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ』(The War of the Gargantuas)の再編集版との2本立てで公開された。
タイトルクレジット曲が、X星人の円盤が明神湖と鷲ヶ沢からゴジラとラドンを電磁波で運び出すシーンに流れる曲に差し替えられている点以外、シーンの差し替えやBGMの追加は行なわれていない。
これは当時、現地でのゴジラシリーズの興業が低迷しており、そういった改変を行なっても興行成績に影響しないためである。本作以降の昭和ゴジラシリーズ作品についても、台詞の吹き替え以外の変更点は見られない。

映画監督のティム・バートンはゴジラファンとして知られ、1996年のアメリカ映画『マーズ・アタック!』は本作で出てくる弱点やクライマックスシーンなどをヒントにしているとされる。
アメリカでは、前述の「ゴジラのシェー」は「ダンシング・ゴジラ」として知られている。





TOP

弊社の配信するコンテンツ・動画等の整合性・信頼性に関しては万全を期しておりますが、
それにより生じた損害に対しては一切 の保証を負いかねます。
弊社が提供するコンテンツを無断で複製すると、著作権侵害となります。
Copyright (C) 2020, zeicompany. All rights reserved.
Free to Link
直線上に配置