直線上に配置

円谷英二的日本特撮映画史



ハワイ・マレー沖海戦
1942年(昭17)12月3日公開/東宝/117分/
モノクロ/スタンダード
  
製作 森田信義 脚本 山本嘉次郎
山崎謙太
 監督 山本嘉次郎
撮影 三村明 音楽 鈴木静一  美術 松山崇
 特殊撮影 円谷英二  美術 奥野文四郎
渡辺明
合成  三谷英三
出演-伊東薫・藤田進・原節子・進藤英太郎・英百合子・菅井一郎・清川荘司・大河内傳次郎

太平洋戦争の真っ只中、開戦一周年を記念されて製作された戦意高揚、プロパカンダ映画。

作品自体は冗長で、ドラマ部分はカットも長く飽きてくるが、後半のクライマックス、真珠湾への出撃から攻撃シーンは映画史に残る特撮シーンとなっている。

完全な国策映画であったが、それ故に潤沢な予算を真珠湾攻撃シーンにかける事が出来た。
国家の威信をかけて行った攻撃を、現場で撮影した報道フィルムと合わせて再現させている。敵方の奇襲攻撃など、まさに「特撮」でなくては再現できない代物だ。映画は大ヒットして、一億人が見たとされる。この作品で、特撮は金になる、と会社側を納得させたことも大いに意義があっただろう。

造形から撮影まで4ヶ月かけた真珠湾のシーンは、円谷英二のミニチュア撮影の真骨頂となっている。クレーンによる空撮カット。軍艦に近づくパイロットの主観カット。水柱上がる10倍速のスローモーション。そして絶妙な編集。

続くマレー沖のシーンは、急遽軍部からの要請で付け加えられたもので、撮影期間はわずか9日間に過ぎなかった。なので同列に論ずることは適当ではない。

当時の東宝映画の演技人が総出演している。原節子は当時22歳。主役の伊藤薫は当時20歳。映画完成後の直後に兵役招集され、一ヶ月後に中国で戦死している。大河内傳次郎は、その声質ま相まって、すこし滑稽ではある。

円谷英二、この時41歳。この作品での認知から、輝かしい特撮人生が始まった。




TOP

弊社の配信するコンテンツ・動画等の整合性・信頼性に関しては万全を期しておりますが、
それにより生じた損害に対しては一切 の保証を負いかねます。
弊社が提供するコンテンツを無断で複製すると、著作権侵害となります。
Copyright (C) 2020, zeicompany. All rights reserved.
Free to Link
直線上に配置