直線上に配置

円谷英二的日本特撮映画史



ガメラ3 邪神<イリス>覚醒
 
1999年3月6日公開/大映/108分
カラー/ビスタ
 
製作 土川勉 脚本 伊藤和典  監督 金子修介
撮影 戸澤潤一 音楽 大谷幸  美術 及川一
 特技監督 樋口真嗣  撮影 村川聡 美術 三池敏夫
視覚効果  松本肇  操演  根岸泉 助監督 神谷誠
出演-中山忍・前田愛・藤谷文子・小山優・螢雪次朗・山崎千里・手塚とおる・本田博太郎・津川雅彦・清川虹子


前作「ガメラ2」から2年半後の公開。
かなり期間が空いているが、紆余曲折いろいろあったのだろう。

前回は自衛隊などの守備側からの話だったが、今回は第1作の続編の色合いが濃く、中山忍らの一般人中心。
ガメラに両親を殺された少女が主人公だが、大ラスはガメラを許すというコンセプト。

敵のイリスは鋭角的デザインが眼を引くが、空中戦はCGそのままで、興ざめ。
渋谷駅と京都駅のミニチュアや合成は素晴らしい出来。爆発し過ぎの感はあるが・・・。

ガメラに意思を持たせたラストは、怪獣映画としてはどうだか、賛否両論あるだろうと思われる。
個人的には、冗長だった。ラストもイマイチ・・・。


以下Wikiより転載

---------------------------------------------------------------------------------------------------------
『ガメラ 大怪獣空中決戦』から4年後、『ガメラ2 レギオン襲来』から3年後の世界を舞台に、とある村で覚醒した怪生物イリスと世界中で大量発生しているギャオスとガメラ、そして人々の戦いを描く。

しばしば怪獣映画を見る人間が持つ「いくら正義の味方の怪獣でも、悪の怪獣を倒すために街中で激しく戦ったら一般市民が巻き添えとなって犠牲になるのではないか?」「たとえ悪の怪獣を倒しても、そのための人の死は許されるのか?」という疑問に挑んだ作品であり、キャッチコピーにも「わたしはガメラを許さない。」が使われた。最終決戦の舞台は京都駅であり、怪獣映画において史上初の屋内戦となった。

また、全体として上記の疑問が絡んだ形となっているため、前2作よりもシリアスな演出が全面的に押し出されている。また、ガメラがギャオスの放った光線から子供を守る、イリスに襲撃されて半ば壊滅した村を『1』に登場した長峰真弓と大迫力が調査する、『2』でガメラの味方になっていた自衛隊(人間)が本来倒すべきギャオスやイリスよりもガメラを危険視して攻撃を加える、イリスが勾玉を通して人間の少女と交信するなど、『1』へのオマージュと言える演出やシーンなどが多数登場し、現実では当たり前の事象となっている、受け手の立場によって怪獣の善悪が入れ替わることが踏まえられている。

『1』『2』とは時系列的につながりがあり、三部作の完結編ということから、本作では『1』や『2』での出来事に直接触れられるシーンも複数あり、それらが本作に大きく関わっていく形となっている。特に『1』での出来事が本作に深く関わっており、オープニングのスタッフクレジットには、『1』のシーンを多数流用している。

配給収入6億円、観客動員100万人。結果的に、3部作は目標の10億円には届かなかった。

配給収入が10億円を突破していれば、すぐに4作目の製作の話になったとも言われる。また、監督を務めた金子修介が後年のインタビューに明かしたところによれば、10億円を突破できなかった一因には阪神・淡路大震災の影響もあったようだという。本作は当初から完結作の意気込みで製作されていたが、この成績を受けて正式にシリーズ終了が決定した。

大映が制作した最後のガメラシリーズ作品である。

2021年4月16日には、ガメラ生誕55周年記念として製作された4K HDR版を劇場上映するドルビーシネマ版が期間限定公開された。

前作のヒロイン・穂波碧を演じた水野美紀を同役で再登場させる予定だったが、スケジュールなどの諸事情により、実現しなかった。
助演であった守部龍成役の小山優については、妹・美雪役の安藤希(新人表記)とは異なりプロフィールがパンフレットでは取り上げられず、関連書籍『ガメラ3 バニシングブック』で簡潔なフィルモグラフィーと樋口のコメントが紹介された程度であった。メイキング映像にもごくわずかしか登場していない。BD版の「15年目の証言」では、助監督の堀川慎太郎が自宅に居候させたエピソードが語られている。
前2作と同様に日本テレビが制作に関わっているため、当時できたばかりのCSニュース専門チャンネル「NNN24(現・日テレNEWS24)」の麹町スタジオが報道スタジオとして登場している。番組としては『THEワイド』『NNNきょうの出来事』『NNNニュースダッシュ』が劇中に登場し、『THEワイド』のシーンでは司会の草野仁らと共に、前作に登場した野尻(札幌市青少年科学館館長、演:川津祐介)がゲストコメンテーターとして登場している。また、過去2作品では関わった町の地元系列局が登場していたが、本作の舞台だった奈良や京都の地元局・よみうりテレビは登場していない。

セガのドリームキャストとタイアップしており、長峰の自宅のゲーム機として登場している。ドリームキャスト用メモリーカードで、ミニゲームをプレイする携帯型ゲーム機としても使用可能なビジュアルメモリでも、ミニゲームバンドル版の『ガメラ ドリームバトル』が発売された。

冒頭の渋谷の戦闘シーンではNHK放送センターの局舎が何度か大映りしているが、これは金子監督が破壊する中心エリアを渋谷駅 - 渋谷センター街周辺か、シブヤ西武やNHK局舎などの宇田川町周辺に候補を絞っていたからとされる。なお、特技監督の樋口が『トップランナー』に出演した際、ギャオスに向けて放たれたプラズマ火球がNHKを直撃する絵コンテを描いているが、完成した映画本編では被害を受けていない。
渋谷の破壊シーンは実際の渋谷駅前や渋谷センター街での大規模なロケを予定していたが、許可が下りなかった(渋谷は映像作品のロケに対する許可が下りにくい)ためにセットおよび極力雰囲気の似た別の場所(主に吉祥寺)で撮影された。また、ギャオスから発せられた超音波メスによって建物が切断された丸井(マルイシティ渋谷)からは建物破壊の描写への承諾を得られたが、名称使用については難色を示された(既に丸井「0101」ビルとしてミニチュアが完成していたという)ため、ビル壁面の「0101」ロゴが「9191」という架空の名称に変更されている。

舞台の奈良県高市郡「南明日香村」は実在しない。ロケの大半は山梨県大月市周辺で行い、ミニチュア特撮シーンのいくつかはさがみ湖ピクニックランド(神奈川県相模原市)および大映撮影所で撮影された。山梨県で撮影した国鉄115系電車をそのまま奈良の電車として登場させた。
渋谷でのギャオス戦でガメラがギャオスの超音波メスから逃げ遅れた子供をかばうようなシーンがある。監督の金子は「もっとガメラが子供を守るように見せたかった」と語っている。
奈良山中での陸上自衛隊先遣小隊とイリスの戦闘シーンは、陸上自衛隊第1師団第1普通科連隊の協力により撮影された。射撃場面では空包が使用されている。空包射撃の場面は実際の陸自隊員によるものであるが、台詞のある場面は役者によるものであり、別録りの両シーンをつなげて編集された。

映画公開時に舞台となった京都駅ビルにて、作品にまつわる写真や模型などを展示した「ガメラ展」が東広場で開催された。
ゲーム『The Tower II』のプラグインマップに、本作とタイアップした「京都駅ビル GIII」がある。

監督の金子は、平成ガメラ三部作の終了後に始まったゴジラのミレニアムシリーズの『ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃』の監督も担当したため、ガメラとゴジラの両怪獣映画を撮った初の監督となった。

「かいれい」のチーフを演じた廣瀬昌亮は、本作が公開された翌日の3月7日に肝臓癌のため、53歳で死去している。
前作でウルティメイト・プラズマを出した後での今作の必殺技に悩んでいた樋口真嗣は、デザイン稿の段階では「ウルティメイト・プラズマを再度使用する」という案もあったらしく腹部発射孔が剥き出しになっているデザインも現存している。最終的に怪獣造型の原口智生が香港映画『片腕ドラゴン』を思い出し、「腕の一本でもちぎれちゃえば」と助言したところ、ファイヤーハンド(バニシング・フィスト)が生まれた。ガメラも人間同様の痛みを伴わないとヒロイズム的にどうか、という意味が込められている。

ガメラのスーツアクターを務めた福沢博文は、特撮テレビドラマ『星獣戦隊ギンガマン』の合間を縫っての参加であった。撮影では命の危険に見舞われることもあったが、後年のインタビューでは本作品よりも翌年に参加した『仮面ライダークウガ』の撮影のほうが過酷であったと述懐している。
火の中を歩くシーンでは、熱対策のジェルを全身に塗っていたため、むしろ寒いぐらいであったという。同シーンでは、ジェルで足が滑って転倒しそうになったものの踏ん張って持ち直したが、完成作品ではこのときに顔が上を向いたところで鳴き声が入れられており、怪我の功名であったと述べている。

ガメラの口部には炭酸ガスを噴出するギミックが存在するが、撮影時にはガスが逆流して福沢が窒息しかける事態があった。この時、周囲は口からガスが出ないことには気づいていたが中の異変までは認識できておらず、福沢は若手時代にトランポリン隠しのドライアイスの煙を吸った経験から原因を理解して難を逃れた。福沢は、結構危なかったかもしれないとしながら、いい経験であったと語っている。
操演技師の根岸泉が本作の特撮班の撮影の様子を詳細に記した日誌を公開している。
週刊SPA!1999年3月17日号に掲載された金子修介へのインタビューにて、金子自身はガメラがギャオスの大群に勝利すると述べている。
本作のプロデューサーは同日封切の映画『デジモンアドベンチャー』を絶賛しており、観賞後に樋口真嗣に「このような作品を作らないとだめだ」と言ったという。




TOP

弊社の配信するコンテンツ・動画等の整合性・信頼性に関しては万全を期しておりますが、
それにより生じた損害に対しては一切 の保証を負いかねます。
弊社が提供するコンテンツを無断で複製すると、著作権侵害となります。
Copyright (C) 2021, zeicompany. All rights reserved.
Free to Link
直線上に配置