直線上に配置

円谷英二的日本特撮映画史



ガメラ 大怪獣空中戦
 
1995年3月11日公開/大映/95分
カラー/ビスタ
 
製作 土川勉 脚本 伊藤和典  監督 金子修介
撮影 戸澤潤一 音楽 大谷幸  美術 及川一
 特技監督 樋口真嗣  撮影 本所寛 美術 三池敏夫
怪獣造形  原口智生  操演  根岸泉 助監督 神谷誠
出演-伊原剛志・中山忍・藤谷文子・小野寺昭・本田博太郎・螢雪次朗・本郷功次郎・久保明・松尾貴史・渡辺裕之


「ゴジラvsスペースゴジラ」から3ヶ月後の公開。特撮ファンは、この連続公開に狂喜した事だろう。

大映の第一作「大怪獣ガメラ」(1965年)公開から丁度30年。作る側も見る側も一世代、世代交代して、
新生ガメラシリーズの第一作。

ガメラ自体と交信できる少女の設定は、ゴジラシリーズの小高恵美を踏襲している。
自衛隊の全面協力のもと、実際の怪獣が出現したら現法の下、市街地では攻撃できないなど、
どうのような戦闘となるか実証している。

ただ、ガメラが子供を助ける意味が分からない。「ガメラは味方だ」などの台詞もあるが説得力はない。

特撮は、東宝と比べて合成カットが素晴らしい。ほぼCG処理だろうがレベルが高い。
しかし、市街地のギャオス飛行シーンなどの合成、また地球から宇宙空間に飛び出すシーンの合成はひどい。

造形に関しては、ガメラの口が大きく、開き過ぎでダサい。
昭和ガメラは社長永田雅一の命令で、ガメラのアップを丁寧に撮っていたが、このガメラはちょっとブサイクだと思う。

その他、オープン撮影が多様されている。
東宝ゴジラでも、アオリカットなどはオープンが多かったが、この作品はかなり意識的に多用していると感じた。
ギャオスが東京タワー上で眠るカットなど、実際の夕焼けを取り入れて素晴らしい。

しかし、ラストのコンビナート群での大炎上シーン。セット撮影では無理なほどの火柱が上がり、迫力満点だが
自然な太陽光でのガメラはヌイグルミ感が目立ち、藤谷との交信するカットバックも感情移入できない。
肝心なところなので、ガメラのアップはセット撮影で陰影ある照明を当てて欲しかった。
ここら辺りは、東宝ゴジラの造形のほうが一歩先を行っている印象を持った。

以下Wikiより転載

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

ゴジラの復活(1984年版『ゴジラ』)を契機にガメラを復活させようという試みは1980年代からあり、ガメラ誕生20周年に当たる1985年に合わせようとしたが、1984年版『ゴジラ』の成功が思ったほどではなかったためにあやかれず平成期にずれ込み、平成ゴジラvsシリーズのヒットがガメラ復活のきっかけになったという。

監督の金子修介は、大映の要請で監督を快諾したものの、当初の製作予算が5億円という事実に落胆し、ギャグかコメディー映画にすることを覚悟したという。しかし、脚本に伊藤和典、特技監督に樋口真嗣を獲得したことで、「怪獣映画の王道」を作ろうということになった。また、ゴジラシリーズではどうしても実現できなかった、ゼロからのリメイク(ガメラそのものの出現と設定からのやり直し)、自由な作劇が可能となった。

それまでの昭和シリーズでは子供向けの展開や演出が目立っていたが、本作では現実世界で実際に起こっている問題や、古代の歴史や伝説とリンクした設定がなされていたり、生物学的な要素が盛り込まれていたりと、従来のシリーズに足りなかったリアリティを徹底して追求した大人向けの演出が全面的に出されており、逆に子供との関わりは控え目に抑えられているが、ガメラの復活や力を増す所などの重要な部分で関わることが多く、以後の作品にもこれらの設定が継承される形となっている。

なお、角川の「小さき勇者たち〜ガメラ〜」のストーリーは、かつて小中千昭・小中和哉兄弟が「ガメラ 大怪獣空中決戦」に伊藤らが携わる以前に本作用に構想していた脚本、所謂「小中ガメラ」を原案としている。後に、「小中ガメラ」のアイディアは東映の「デジモンテイマーズ」の製作に影響したと小中千昭が述べている。

昭和ガメラシリーズの第3作『大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス』とタイトルが似通っているが、話の内容は全く異なった展開となっている。

舞台としては、1995年の日本を舞台に、五島列島や姫神島で孵化したギャオスと環礁のような姿から目覚めたガメラ、それらを発見した人々や自衛隊との戦いを描いている。

続編『ガメラ2 レギオン襲来』(以後、『2』)や『ガメラ3 邪神覚醒』(以後、『3』)とは時系列的につながっている。特に、『3』では本作での出来事が直接的に触れられており、『3』での展開に大きく関係している。また、『3』で起こった出来事の一部を示唆する会話もなされている。

撮影にあたり自衛隊へ協力を要請したところ陸と海は承諾したが、航空自衛隊(空自)だけは難色を示した。理由は、「ギャオスとの空中戦でF-15Jが撃墜され、有楽町マリオンに墜落する」という展開に懸念が持たれたためである[注釈 2]。幾度かの折衝の結果、このシーンは「戦闘機が出動するが、市街地上空のために交戦できない」というシーンとされ、空自の全面協力を取り付けている。これを踏まえ、今作では意識して「自衛隊に損害が出る」というシーンは極力避けたとされる。そのため、続編の2作品でも戦車が爆発して陸自隊員が吹き飛ぶシーンはあるが、空自の航空機は1機も墜落しないという展開になっている(『3』では怪獣に襲い掛かられるシーンは存在する)。また、三部作の全作品で航空機が墜落するシーンはない(予算の都合上リアリティのある空撮シーンを撮るのは難しいと考えられたため。模型戦闘機が飛び回る安っぽい特撮となるのを嫌った製作者側の意図もあった)。

後半の東京におけるガメラとギャオスを交えた攻防戦は、屋外にミニチュアのオープンセットを組んで撮影された。

観客動員90万人、配給収入5億2000万円。配給収入目標は10億円だったが、ビデオ化権や放映権を見込んでかろうじて黒字を確保できた製作陣は、ガメラのキャラクターが世間に浸透したと判断し、シリーズ化を決定した。作品自体の評価は非常に高く、世界最古クラスの映画賞としての伝統を持つキネマ旬報ベストテンに怪獣映画として史上初めて選ばれた。

多くのカットで人間の目から見た視点で怪獣が撮られているため、完成度は高まっている。当時、ゴジラシリーズの特技監督を務めていた川北紘一も「視点の統一ということを徹底してやっていて、本篇のストーリーも面白くうまくマッチしていた。よくできたと思う」と絶賛している。

平成ガメラシリーズの製作には日本テレビも関わっていたため、劇中に同局系列の報道番組である『ニュースプラス1』と、そのキャスターが登場するほか、長崎国際テレビ・福岡放送・静岡第一テレビが劇中に何らかの形で登場している。具体的に見ていくと、長崎国際テレビはギャオスが発見された島から中継するリポーターのマイクについた「社名ロゴ」のみ(リポーター役は女優)、福岡放送は古賀之士アナウンサー(当時)が福岡ドームからリポートした他、同社が契約使用している取材ヘリが登場するシーン、静岡第一テレビは田辺稔アナウンサー(当時)が同社報道スタジオで臨時ニュースを読むシーンへの協力となっていた。

1996年7月には『2』の劇場公開に合わせ、『金曜ロードショー』で地上波初放映された。その際、作中の報道番組のシーンはキネコによるオリジナル版ではなく撮影時のVTRソースをダイレクトに使用したものへ変更され、現実の報道番組(公開当時の『ニュースプラス1』用)のセットや出演者による「もし現実に怪獣が現れ、それがテレビニュースで報道されたら」というシミュレーション風の映像となり、リアリティを高めていた。特に、深夜のテレビが固定映像にテロップだけを映し続ける場面など、公開の直前に発生した兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)の報道に酷似した描写が多かったが、実際は地震発生よりかなり前に映画は完成しており、日本テレビの協力のもと「災害報道のリアリティ」にこだわった結果としての現実との一致である。

2020年11月27日には、ガメラ生誕55周年記念として製作された4K HDR版(#映像ソフト化を参照)を劇場上映するドルビーシネマ版が期間限定上映され[7]、上映館の1つである丸の内ピカデリーでの初日舞台挨拶には金子・中山忍・螢雪次朗が登壇した[8]。この版にはドルビーアトモス音声が収録されており、上映に際してサウンドデザインを高く評価されたことから、『2』や『3』についてもドルビーアトモス音声を収録することとなった。



TOP

弊社の配信するコンテンツ・動画等の整合性・信頼性に関しては万全を期しておりますが、
それにより生じた損害に対しては一切 の保証を負いかねます。
弊社が提供するコンテンツを無断で複製すると、著作権侵害となります。
Copyright (C) 2021, zeicompany. All rights reserved.
Free to Link
直線上に配置