直線上に配置

円谷英二的日本特撮映画史



ゴジラ対メガロ
 
1973年(昭48)3月17日公開/東宝/82分/
カラー/シネマスコープ
 
製作 田中友幸 脚本 福田純  監督 福田純
撮影 逢沢譲 音楽 眞鍋理一郎  美術 本田好文
 特殊技術 中野明慶  撮影 富岡素敬 美術 青木利郎
合成  三瓶一信  操演  小林昭二 光学撮影 宮西武史
出演-佐々木勝彦・林ゆたか・富田浩太郎・大月ウルフ・川瀬裕之


前作「対ガイガン」から1年後の公開。
陶冶のテレビ番組で人気な巨大ヒーロー物の影響で、ジェッジャガーなるロボットがゴジラとタッグを組む。

地底人が最後どうなったか分からないなど欠点だらけの構成。
低予算が丸見えの映画だが、カーチェスのシーンなど福田純監督の気概がみられるのが救い。

目が大きく愛嬌のあるゴジラ、怪獣バトルシーンも開き直ってコメディ・バトルとすれば面白かったと思う。
空を飛ぶゴジラを容認しない田中プロデュサーでは無理だったとは思うが。


以下Wikiより転載
---------------------------------------------------------------------------------------------------------
『ゴジラ対メガロ』は、1973年(昭和48年)3月17日に「東宝チャンピオンまつり」の一編として公開された特撮映画であり、「ゴジラシリーズ」の第13作である。カラー、シネマスコープ[2]。観客動員数は98万人。

公開当時のキャッチコピーは「海底王国のすごいやつメガロ! 傷だらけのゴジラ必殺のウルトラC!」。

前作『地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン』に引き続き、ゴジラは怪獣島を住みかとしており、正義の自我に目覚めたロボット・ジェットジャガーの要請を受けて出動する「正義の怪獣」として描かれた。

主題歌の歌手に当時の大ヒットテレビ番組『仮面ライダー』(東映、毎日放送)で知られる子門真人を起用したほか、ゴジラと共闘するジェットジャガーのテレビヒーロー調デザインや理屈抜きの巨大化の描写など、当時の「変身・怪獣ブーム」によってテレビを中心に量産されていた巨大ヒーロー番組の影響を少なからず受けている。東宝も本作の公開後には自社で制作したテレビ映画『流星人間ゾーン』(日本テレビ)にゴジラやガイガン、キングギドラを登場させ、設定の発展を試みている。

一方、『ゴジラ対ヘドラ』以後は公害をテーマとしていたゴジラシリーズにおいては、久々に(そして昭和ゴジラシリーズでは最後の)「反核」をテーマに置いた作品であり、核実験の犠牲者であるゴジラ[注釈 1]が同じ核実験の被害者であるシートピア王国と戦う皮肉な展開を経て、ラストは地上の人間の核実験を反省する主人公たちの会話で締めくくられる。

検討用台本での題名は『ゴジラ対メガロ 海底王国全滅作戦』、準備稿での題名は『昆虫怪獣メガロ対ゴジラ 海底王国全滅作戦』となっていた。当初、本作の脚本は関沢新一に執筆依頼が持ち込まれたが、当時の関沢は作詞業にかかりきりで執筆の時間が無く、「海底人が核実験に怒り怪獣を派遣する」という簡単な原作だけを提供した。企画立ち上げから撮入までまったく時間が無かったため、監督の福田純が脚本に起こすという体制で企画作業が進められた。

「東宝チャンピオンまつり」の番組となって以来、新作ゴジラ映画は低予算化が強いられ、脚本段階からさまざまな制約を受けるものとなっていた。特殊技術の中野昭慶は「とにかく低コスト、最低の時間でどこまでやれるんだという、そういった問題との取り組みがものすごくあった」と語っている。この低予算を受け、キャスト面では新人を中心として小人数となり、ゴジラシリーズで唯一、メインキャストに女性が存在しない作品となっている。本編面でも伊吹博士の研究所やシートピア王国のセットが組まれた以外は、ほとんどロケで撮影されている。特撮面でも、中野によると予算がないため、決戦シーンでは何もない荒野しか用意できなかった。実質的な撮影期間は1ヶ月に満たないほどだったという。

このような予算不足のため、メガロによる都市破壊のシーンには、前作同様、過去の作品からのフィルム流用が多い。そんな中、メガロによるダム破壊シーンはオープンセットによるフルスケールのミニチュアが組まれ、迫力のある見せ場になっている。特技監督の中野昭慶は「乏しい予算の中の一点豪華主義」と述べている。

怪獣同士の戦いの描写は、「怪獣タッグマッチ」がコンセプトにあり、ゴジラがVサインをしたり、メガロが尻を叩く仕草をして挑発するなど、かなり人間味を帯びている。擬人化した本格的な立ち回りが採り入れられたため、撮入前に体育館を使ってアクション俳優の渡辺高光による殺陣の指導が行われた。

「本編にも何か見せ場が欲しい」という福田の意向で、自動車が階段や急な崖を下ったり、プレハブを突き破るなどの派手なカーチェイスシーンが撮られた。カースタントは『動脈列島』(1975年)でもスタントを担当した「チームザンバ」が行い、この撮影には特撮班もキャメラ応援を行っている。

DVDのオーディオコメンタリーにおける佐々木勝彦の回想によれば、冒頭の湖にて展開するイルカの乗り物のシーンは1972年12月に本栖湖で撮影されたが、このシーンに登場する佐々木と林ゆたかは、吐く息が白く映ることから、福田にポケット・ウイスキーを飲まされたという。

ゴジラのスーツアクターは高木真二。当初ジェットジャガーをメインとして企画されていたため、出番は客分となっている。
殺陣は時代劇を意識している。当時に流行していた時代劇『木枯し紋次郎』の主人公、紋次郎のように電柱を長楊枝のようにくわえたり、「おひけえなすって」のポーズをとるなどのスチールがパンフレットや宣材に使用されているが、これらは本編ではカットされている。メガロにキックを放つ際にはVサインを出す。脚本では、ゴジラが怪獣島で「ピンポンパン体操」をするという描写も存在した。
ピアノ線による吊りで、とび蹴りやボディーアタックなど、キャッチコピーにあるとおりの「ウルトラC」技が多く描かれた。
この時期のゴジラは「成長したミニラ」で、ゴジラになって日が浅いという説もある。

スーツアクターの交代により新造された。頭部造形は安丸信行が担当し、彼による初のゴジラとなった。それまでのゴジラに比べて幼い顔つきで、大きな目と湾曲した口が特徴。安丸によれば、原型では顔は小さかったが、撮影の間に目元のゴムが劣化して目が大きく見えてしまったという。また、口を閉じた時に牙が見えないよう唇を盛っていったところ、大きくなってしまったとも述べている。

目玉、口とまぶたがラジコンで開閉する。手にものを持つ描写が多いため、特技監督を務めた中野昭慶の依頼で従来より掌を薄く作られている。体色は、腹部が明るめのグレーで、背中にかけて茶色を混ぜつつ背面は黒くなっている。背びれは、先端だけでなく中列部がほぼ全体にシルバーの塗装が施されている。造形面から厳しい評価も多いが、製作陣はのちに「作り方は以前と変えていない」とコメントしている。
この着ぐるみは、特撮テレビドラマ『流星人間ゾーン』(東宝、日本テレビ)にも使用されている。
海用ゴジラには、着ぐるみではなくギニョールが用いられた。

ジェットジャガーのスーツアクターは駒田次利、森正親。
ジェットジャガーが巨大化するという設定は、脚本・監督の福田純のアイディアであるが、特技監督の中野昭慶はこの巨大化の映像化にリアリティをどう出すかで悩み、「一番頭が痛かった部分」としていて、「あまりうまくいかなかった」と振り返っている。
造形は安丸信行と小林知己。般若の顔面イメージは、翌年のメカゴジラにも生かされる。頭はFRP、胴体はウェットスーツに板状のフォームラバーを貼り合わせて制作されている。眼は自動車のテールランプの流用。1/2サイズの飛び人形が製作されている。この飛び人形は現存しているが表面のFRPが剥がれており、表面にテープを張って新たに型を採ったものが、2012年の「館長 庵野秀明特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技」にジェットジャガーのマスクと共に展示された。

メガロのスーツアクター:伊達秀人。造形は安丸信行と小林知己。背中の羽根は風呂マットに使うハードスポンジ製で、内側の血管状のディテールは毛糸を貼って表現している。目はアクリル、角・歯・両手のドリルはFRPで作られた。チャックは腹についている。1尺サイズ[要出典]の飛び人形も制作された。

ガイガンのスーツアクターは中山剣吾。
着ぐるみは新調されている。前作のものと同一個体とされているが、顔が縦長になり、前作にあった歯が本作ではかなり減った。




TOP

弊社の配信するコンテンツ・動画等の整合性・信頼性に関しては万全を期しておりますが、
それにより生じた損害に対しては一切 の保証を負いかねます。
弊社が提供するコンテンツを無断で複製すると、著作権侵害となります。
Copyright (C) 2020, zeicompany. All rights reserved.
Free to Link
直線上に配置