直線上に配置

円谷英二的日本特撮映画史



ゴジラ対ヘドラ
 
1971年(昭46)7月24日公開/東宝/85分/
カラー/シネマスコープ
 
製作 田中友幸 脚本 馬淵薫
坂野義光
 監督 坂野義光
撮影 真野田陽一 音楽 眞鍋理一郎  美術 井上泰幸
 特殊技術 中野明慶  照明 原 文良 造形 安丸信行
合成  土井三郎  操演  小川昭二 光学撮影 徳政義行
出演-山内明・柴本俊夫・木村俊恵・川瀬裕之・麻里圭子


円谷英二の死後、初めてのゴジラ映画となる。

公開当初から評判は決して良いものではなく、歴史的にも異色作として認識されているが、今回改めて見直して、それなりに面白く見ることができた。

それまでのゴジラ映画の常連役者、宝田明・佐原健二・久保明・土屋嘉男・平田昭彦の出演はなく、伊福部昭の音楽も聞こえない、そして新人監督の採用、特技監督もゴジラ映画初の中野明慶の起用であり、それまで特撮を担当してきた撮影・美術・照明スタッフが、本編も担当する制作体制。
これは田中友幸プロデューサーの英断だろう。何とかそれまでの怪獣映画の流れを一旦断ち切る覚悟が必要だと判断したのだろう。

汚い嫌悪感を醸し出すヘドロのアップ、公害ソンクの歌と説明アニメ、ゴジラの口元を拭うって腕を振り上げる仕草、突然放射能を吐いて空を飛ぶ荒唐無稽さ。大映ガメラの影響か、少し子供よりのゴジラ映画となっている。

ラストの、ヘドラを倒した後の、人間を睨みつける姿が一番印象に残った。

坂野義光監督はこれ一本で終わってしまったのが残念だ。もっと破壊して、新たに想像したゴジラ映画を作ってもらいたかった。


以下Wikiより転載

---------------------------------------------------------------------------------------------------------
『ゴジラ対ヘドラ』は、1971年(昭和46年)7月24日に「東宝チャンピオンまつり」の一編として公開された東宝製作の日本映画で、ゴジラシリーズの第11作である[2]。シネマスコープ、85分、カラー作品。観客動員数は174万人。

本作品は円谷英二の没後に初めて作られたゴジラ映画であり、シリーズの新たなスタートとなった作品でもある。独特の作風によりシリーズでも最も異色の作品となっており、特にゴジラの飛行シーンは賛否両論となったが、カルト的な人気も誇る。

時代背景として、大きな社会問題であった公害問題を前面に打ち出し、特に当時話題だった「四日市コンビナートの工場煤煙」、「田子の浦港ヘドロ公害」を題材に採った。その田子の浦港の汚染された海から生まれた怪獣ヘドラと、怪獣王ゴジラが対戦する。サイケデリック文化や若者のモラトリアムなど同時代のさまざまな背景も色濃く盛り込まれ、公害をテーマとしたアニメが挿入されるなど異色作となっている。また、本作は「ゴジラが飛ぶ」というシーンが本編に挿入されている。

この年春と前年夏、冬の「東宝チャンピオンまつり」興行では、旧作ゴジラ映画の短縮再編集版がメインにおかれた。夏興行用に制作された本作は、『ゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃』以来、2年ぶりの新作ゴジラ映画となった。同年には『宇宙猿人ゴリ』『帰ってきたウルトラマン』『仮面ライダー』などの特撮テレビ番組が制作され第二次怪獣ブームが起きており、本作品もその人気の一端を担った。公開時のキャッチコピーは、「流れ星でやって来た公害怪獣ヘドラ! 街を森をふみつぶし 二大怪獣が大決戦!」。
本作の監督を担当した坂野義光は後に続編『ゴジラ対ヘドラII』のプロットを書き下ろしているが、2017年に死去したために映像化は叶わなかった。

アメリカでは『GODZILLA vs The SMOG MONSTER』、その他の外国では『Godzilla vs. Hedorah』のタイトルで公開された。前者はオープニングが英語の歌詞に差し替えられている。

企画の発端
娯楽の多様化とテレビの台頭による「邦画の斜陽」は、当時の東宝本社に深刻な制作本数の減少と売上の悪化をもたらし、「何をやっても当たらない」という状況となっていた。また、東宝特撮映画の顔であった特技監督の円谷英二が前年初頭に死去したうえ、主要スタッフのほとんどが東宝を辞職もしくは異動させられるなど、当時の東宝特撮の現場はほぼ崩壊状態にあった。東宝本社は組織を解体細分化して「映像事業部」などを発足させ、東宝の看板であった特撮映像技術の生き残りを模索していた。

こうした中、プロデューサーの田中友幸は「もう一度ゴジラを考えよう」と、日本万国博覧会(1970年)の「三菱未来館」の企画や『日本海大海戦』(丸山誠治監督、1969年)の実景撮影などで円谷組の補佐を務めた、坂野義光に企画を依頼した。坂野は「何でもいい」と言われたので、前年に起きた光化学スモッグ事件(校庭にいた女子高生が集団で倒れた)をきっかけに本作の企画を考え、「『いま最もポピュラーな悪は公害だから、公害の怪獣でもいいですか』と田中プロデューサーに聞いたら『いいよ』との答えだったので、ここから企画が始まった」と述べている。また、坂野はレイチェル・カーソンの『沈黙の春』からも着想を得たという[25]。
検討用台本でのタイトルは『ゴジラ対ヘドロン』であった。

低予算下での制作
東宝本社のリストラ断行後、残った陣営による新体制で臨んだ本作だったが、上記したような本社の不振を受け、制作予算はこれまでになく低いものとなった。川北紘一は本作について「この予算でどうやって撮れというんだ?と思った」と述懐しており、この「末期的な状態」(川北談)という制作予算を考慮してスタッフを本編班と特撮班に分けず、一班体制で制作を行うこととなった。
そのため、本作の特撮班スタッフは本編班に対する準備班的扱いとなり、中野昭慶と特殊美術スタッフのみがこれに当たる小規模編成が採られた。撮影カメラマンには、円谷組特撮班を務めて本編撮影は自身初となる真野田陽一が起用された。撮影スケジュールは本編撮影が先行され、新設された「映像企画室」へ異動した川北は本作では本編付き助監督となり、本編ロケが終わると特撮を手伝うという状況だった。

坂野は中野と、「これまでのシリーズにない映像を採り入れよう」と打ち合わせたとのことで、「マルチ画面やアニメーションによる抽象的な社会描写の多用」「監督自身による水中撮影」など、全編がゴジラシリーズとしては異色の映像で彩られている。冒頭のヘドロの海が延々と写されるのも「公害」を訴える演出意図によるものであり、坂野は「あれだけ強調してやっとわかるんじゃないかと思う」と語っている。汚染された海面は特撮大プールに本物の魚や各種素材を混ぜ込むことで表現したが、撮影当時の季節ゆえに腐敗が速く、悪臭がものすごかったという。

こういった坂野の「画作りにこだわりたい」との意図から予算配分は映像面に集中され、俳優は極力少人数となった。主演の矢野博士役を務めた劇団民藝所属の山内明ら以外は出演料の少ない新人を中心に起用し、本編セットは「矢野博士の研究室」と「ゴーゴー喫茶」の2つだけに留め、残りはすべてロケ撮影とした。また、OHPスクリーンも合成画面に代えて使用され、本編セットの素材にも前年に東宝が担当した万博の「三菱未来館」の特撮に使用した小道具が流用されるなど、徹底した省予算の方針が採られた。

制作期間は5週間しかなかった。ラストの決戦シーンは、坂野と中野が同じ特撮第11ステージのセット内で互いに1日に30カットほどの撮影をこなすという、驚異的なペースで進行したという。また、自らがスクーバダイビングの免許所持者であり、東宝内で水中撮影班を率いていた坂野は、矢野博士の潜水シーンの吹き替えも行っている。

制作中断と再開
本作では飛行形態となって逃げるヘドラをゴジラが追う際、「ゴジラが放射能火炎を放つ際の反動で後ろ向きに空を飛ぶ」というシーンが描かれて話題となったが、この描写のために撮影スケジュールには支障が生じている。「ゴジラの飛行」は、監督である坂野と特撮班のリーダーである中野が「テレビ時代のスピード感を」と提案して採り入れたものだが、これに対してプロデューサーである田中は猛反発した。このシーンでの田中と坂野による論争を含め、低予算での制作体制が現場にさまざまな軋轢を生み、撮影中途で制作予算が尽きてしまった。このため、東宝本社は本作の制作を打ち切ることを決め、撮影を中止するよう現場に伝えた。

そこでスタッフは、前作まで本編演出の要として「ゴジラシリーズ」を支えてきた本多猪四郎に中途までのフィルムを観てもらい、監修してもらう形でなんとか本社から制作再開をとりつけた。こういう役割を本多に依頼しなければ、到底再開は無理な状況だったという。

こうした最中、田中が体調不良で入院した。坂野はこれを幸いと、その間に東宝の重役、宣伝部長、撮影所所長らから「ゴジラの飛行」の許可をとりつけ、劇中に盛り込んだ。中野によると、この「ゴジラの飛行」は内外でも賛否両論だったが、アメリカでは大絶賛されたといい、宣伝部長や撮影所所長らも「スピード感が出ていいんじゃないか」と褒めてくれたという。このシーンは坂野によれば、「カットしても前後がつながるよう撮った」というが、田中が退院した時点ではもう変更できない段階だったため、試写でこれを観た彼は「ゴジラの性格を変えてもらっては困る」と立腹し、しばらくは坂野と口を聞かなかったそうである。後年、坂野は田中が「あいつには二度と特撮映画を監督させない!」と激怒していたことを人づてに聞いたと語っている。

しかし、こうした困難を経て完成した当作は、夏休み興行に空前の「変身・怪獣ブーム」を受けてまずまずのヒットを記録したため、東宝は「ゴジラが他怪獣とチャンピオンの座を競い合う」というコンセプトのもと、ゴジラ映画を中心とした「東宝チャンピオンまつり」興行を本格化する。また、翌年にはさらにヒーロー化したゴジラにキャラクタライズされた新怪獣ガイガンを加え、『地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン』を制作することとなる。

『ゴジラ対ヘドラ』と坂野演出
製作当時、ゴジラ作品は年少者向けの映画へ移行しつつあったが、本作には人間の皮膚が焼けただれる描写や白骨化する描写などの残虐な演出も多く、劇中で主人公一家の青年・毛内行夫がヘドラに殺されるなど、物語や音楽も全体的に暗く重い。ゴジラをヒーローとして空を飛ばせるなど、観客である子供へのサービスも忘れてはいないが、ラストシーンではゴジラに怒りの表情を持たせるなど、単なる勧善懲悪に終わらせていない。

本作を演出した坂野の中で、当時の公害は大きな存在だったという。大阪万博の打ち合わせの行き帰りに通る四日市や田子の浦の環境汚染は、坂野に強い印象を残した。「第1作目の『ゴジラ』にあったメッセージ性を取り戻したい」との気持ちも強く、「エビのお化けやなんかと闘うとかじゃなく、最もポピュラーな社会悪と闘うという形にしたい」という考えがあったという。1971年当時、大都市圏では光化学スモッグによって児童生徒が集団で倒れる事件も相次ぎ、劇中で描かれるヘドラの猛威は、現実と重なるリアルさをもって描かれていた。劇伴音楽もこの公害の猛威を強調する意図で作られたが、作曲担当の眞鍋理一郎はおとなしい人柄で、坂野は「曲調をもっと強く」とかなりあおって作曲してもらったという。

随所のシーン転換に取り入れられているアニメーションについては、当初に坂野はつげ義春に依頼したが断られ、最終的には大阪万博の三菱未来館で球体スクリーンの映像を手がけた安井悦郎が担当した。

坂野は馬淵薫と共同作業で脚本を執筆しているが、物語の基本的な構想はすべて坂野の意向が反映されたものとなっており、「ヘドロの中から成長していく」というヘドラの設定については、「ゴジラが放射能から出てきたのと同じ発想があった」と語っている。また、坂野は主題歌「かえせ! 太陽を」の作詞も手掛けているが、この歌の「鳥も魚もどこへ行ったの」や「野も山も黙っちまった」などの詩文は、当時アメリカの反公害運動のテキストだった『沈黙の春』(著:レイチェル・カーソン)からイメージをとったものだった。
本作の演出には、ルイス・ブニュエルやジャン=リュック・ゴダールなどヨーロッパの映画作家たちのアバンギャルド作品の影響がみられ、本作のファンである映画評論家・コラムニストの町山智浩も指摘している。

本作品の評価・位置づけ
1978年に刊行された書籍『世界最悪の50本(英語版)』では、そのうちの1本として本作が選ばれている。監督の坂野は素直に喜べないと評したうえで、「100年の映画の歴史の中から『最悪』の50本に選ばれたのは名誉なことである」と自著に記している。
公開当時は非難され、『世界最悪の50本』でも「Z級の愚作」と評されたが、時代経過と共に風刺アニメやマルチスクリーンを駆使した映像表現などが注目され、反公害映画の社会風刺映画として評価が高まってきた。

本作品のファン
前述の町山は、2017年に行われた『映画秘宝』のオールタイムベスト企画でも本作を自身のベストに入れている。
CMディレクターの松宏彰は、テレビ番組の企画で玉城ティナを「巨大特撮」をテーマにして撮影した際、本作に強い影響を受けたことを語った。

造型
スーツは『怪獣総進撃』で作られた着ぐるみを流用している。ヘドロによるダメージ描写では、四塩化チタンを用いて発煙させている。
プール撮影や港に上陸するシーンなどでは『怪獣大戦争』のスーツ使われたが、有機ガラスなどを使ったヘドロまみれになるシーンで修復できないほどの大ダメージを受けたため、以後の映画には登場していない。
「空を飛ぶゴジラ」には1/3サイズのギニョールが用いられ、口からの放射能噴射はフロンガスを使った。その他のシーンでも複数のギニョールが用いられており、いずれも過去作品からの流用とされるが損傷や修復の跡が多いため判別が難しいものとなっている。

他の怪獣を交えずに全編通してゴジラと1対1で戦った怪獣は、『キングコング対ゴジラ』(1962年)のキングコング以来9年ぶり。以後の作品では複数の怪獣が登場するタッグマッチ、あるいはハンディキャップマッチ形式が一般的になり、ヘドラは昭和ゴジラシリーズで最後にゴジラとシングル(1体1)で戦った怪獣となった。
スーツアクターは中山剣吾(薩摩剣八郎)が担当しており、彼の入った最初の怪獣である。スーツデザインと重量の関係からあまり動けず、ゴジラに入っていた中島春雄がリードしてゴジラが立ち回る感じのアクションにされたという。劇中、ヘドラが工場の煙突から煙を吸い上げるシーンはスーツ内に中山が入ったままであり、「非常に苦しかった」と語っている。また、一度撮影中に転んで起き上がれなくなってしまったことがある。特技監督の中野昭慶によれば、スーツでのアクションに制約が出るため、『宇宙大怪獣ドゴラ』を参考に飛行形態が設定されたという。

デザイン・造形
「陸・海・空」3態のデザインはすべて井上泰幸による。飛行期は空飛ぶ円盤とエイをモデルにしている。監督の坂野義光の支持により、最終形態の目は女性器をモチーフとしている。特技監督の中野昭慶は、定番の怪獣のシルエットを崩すため、汚いダルマになったと述べている。
この年をもって利光貞三や八木康栄ら主要スタッフが退職し、代わって造形チーフを引き継いだ安丸信行が製作を担当した。ラテックス製の発泡ウレタン(フォームラバー)で作られており、ゴムと混ぜて重ね塗りした塗料の重みで、100キログラムを超える重量となった。目は、アクリル製の地球儀を2つに割って用いている。このスーツとは別に3尺大の「幼生期」や「飛行期」のミニチュアが作られている。
「飛行期」の噴射する硫酸ミストは、フロンガスを使って撮影されている。

備考
監督の坂野は敵役ヘドラの造形に関し、自ら脚本にト書きを入れるほどのこだわりを見せ、飛行態などのデザインにも積極的に関わっている。撮影初日にはヘドラの体に毒々しい反射素材の色彩を加えようと思いつき、自ら塗装を始め、ついにはこの作業に1日を費やしてしまった。その他にもシーン毎に塗装を変えていった。
水槽内で泳ぐオタマジャクシ状の幼体ヘドラは、ドジョウにバルサ材とコンドームを被せてメイクを施したもので、水槽に電気を通して動きを撮った。当初は合成で表現する予定であったが、撮影直前になって坂野が井上に打診し、井上もアイデアを考えていたため実現した。
陸上ヘドラの頭頂部にはひび割れがあるが、公開当時は「怒ると脳味噌がはみ出てくる」と説明されていた。「脳味噌が2つある」というデザインも、坂野のアイディアである。
飛行形態の一部シーンはアニメーションで表現されている。このシーンには漫画家のつげ義春を起用することも検討されていた。
坂野によれば、玩具にしにくいため宣伝部からの評判は良くなかったという。

^ 特技監督の中野昭慶は、社会問題を怪獣映画で扱うことに疑問視する向きもあったが、底辺をしっかりしていなければ本当のゲテモノになってしまうと述べている。
^ 味噌メーカーの山印醸造とタイアップした変型シートポスターでは、「出た! 悪くて強い公害怪獣! ゴジラがんばれ! やっつけろ! おみそのやまちゃんもついてるぞ!」と、同社のマスコット「やまちゃん」を使っていた。
^ 書籍『ゴジラ大全集』では、名称を魚の頭の人間たちと記述している[16]。
^ 中野は、絵コンテはすべて自身でやっていたので特に違和感はなかったと述べている。
^ 矢野博士役に山内明を起用した理由については、海中で演技する坂野に体形が似ていることが第一条件だった。
^ 中野は、チャンピオンまつり時代はちょっと思いつかないようなアクションを怪獣にやらせることで子供たちを驚かせることを常に考えていたと述べている。
^ 本編班で助監督を務めていた川北は、正統派怪獣映画としては本流から外れるこの「公害テーマ」には違和感があったと述べている。
^ 坂野によれば次作も担当する予定であったが、これ以降、坂野は得意の水中撮影分野から『すばらしい世界旅行』や『野生の王国』などのテレビドキュメンタリー撮影へ、活躍の場を拡げている。





TOP

弊社の配信するコンテンツ・動画等の整合性・信頼性に関しては万全を期しておりますが、
それにより生じた損害に対しては一切 の保証を負いかねます。
弊社が提供するコンテンツを無断で複製すると、著作権侵害となります。
Copyright (C) 2020, zeicompany. All rights reserved.
Free to Link
直線上に配置