直線上に配置

円谷英二的日本特撮映画史



地球攻撃命令
ゴジラ対ガイガン
 
1972年(昭47)3月12日公開/東宝/89分/
カラー/シネマスコープ
 
製作 田中友幸 脚本 関沢新一  監督 福田純
撮影 長谷川清 音楽 伊福部昭  美術 本田好文
 特殊技術 中野明慶  撮影 富岡素敬 美術 青木利郎
合成  土井三郎  操演  中城文雄 造型 安丸信行
出演-石川博・梅田智子・ひし美ゆり子・西沢利明・村井国夫・清水元


前作「ゴジラ対ヘドラ」から1年後の公開。

キャストは清水元以外はフレッシュな新人が配置されているが、主要スタッフは監督福田純、脚本関沢新一、音楽伊福部昭と、東宝正統派に戻った。しかし内容は新鮮味もなく面白くない。

本編の演出はいいとして、また歴代の特撮シーンを使い回すのも予算的に考えて仕方ないと思うが、怪獣同士のバトルシーンがとつても冗長でつまらい。キングギドラはほとんど仏像のように動きがない。

円谷英二が拒否してきた、血しぶきが派手に飛ぶ。東宝怪獣映画で初めての「赤い血」が流れる。
田中友幸プロデューサーは、ゴジラが空を飛ぶ事には大反対したが、円谷が拒否してきた血しぶきは無問題だと考えているようだ。

世は第2の怪獣ブームで湧いていただろうが、派手さはあるが空虚さが漂う怪獣映画でしかない。

以下Wikiより転載
---------------------------------------------------------------------------------------------------------

本作は第二次怪獣ブームの真っ只中に製作され、「ゴジラが他怪獣と闘い、怪獣チャンピオンを競う」というチャンピオンまつり路線を確定させた[4]。本作でのゴジラは「悪の怪獣」から地球を守る「正義の怪獣」という扱いとなっており、劇中には大映の「ガメラシリーズ」のようにヒーロー性を強調したゴジラのテーマソングも挿入されている。ゴジラとアンギラスが、アニメ処理による漫画の「ふきだし」で会話するシーンも存在し、公開当時から賛否両論となった。ドラマ面では、ウーマン・リブ、内ゲバ、ヒッピー、教育ママ、怪獣ブームなど、同時代を象徴する風俗も多々採り入れられている。公開時のキャッチコピーは、「宇宙のわるもの怪獣をやっつけろ!ゴジラがんばれ地球をまもれ!」。

馬淵薫による準備稿台本では『ゴジラ対宇宙怪獣 地球防衛命令』と仮題され、登場怪獣はゴジラ、アンギラス、魔神ツール(新怪獣)、キングギドラ、ガイガン、メガロが予定された。次の関沢新一による検討用台本は『キングギドラの大逆襲』と仮題され、登場怪獣はゴジラ、ラドン、バラン、キングギドラ、ガイガン、モグ(新宇宙怪獣)が予定された。その後、新しく書かれた検討用台本では『ゴジラ対ガイガン キングギドラの大逆襲!』となり、登場怪獣はゴジラ、アンギラス、モスラ幼虫、キングギドラ、ガイガン、メガロが予定された。

この春興行前の冬の「東宝チャンピオンまつり」では、キングギドラが初登場する『三大怪獣 地球最大の決戦』の短縮再編集版が盛り込まれていた。これに続く本作も当初、公開時のタイトルが『ゴジラ対キングギドラ 地球攻撃命令』と予定されたが、東宝上層部による「新怪獣ガイガンをメインにしたほうがいい」との判断から現行のタイトルに変更された[12]。なお、『三大怪獣 地球最大の決戦』のゴジラとキングギドラの戦闘シーンの映像が、本作に一部流用されている。

科学万能主義に対するアンチテーゼがあり、M宇宙ハンター星雲人たちの断末魔の台詞に相対させた、主人公たちの「素朴の勝利」が強調されている。物語は、「科学が発達しすぎると平和は遠のいて行くかもしれない」という警句で締めくくられている。

アメリカでは『GODZILLA ON MONSTER ISLAND』、その他の国では『GODZILLA vs GIGAN』のタイトルで公開された[1]。ゴジラとアンギラスの会話シーンは吹き出しではなく、声優によるアフレコで処理されている。

「チャンピオンまつり」に組み込まれてからのゴジラ映画の制作予算は、全盛期の3分の1以下と大幅に削減された。そのため、本編には主要俳優に出演料の安い新人が使われ、特撮では過去の作品から大量に映像が流用されている。また、過去作品では日中シーンである映像も、本作では劇中での夜間シーンに合わせてフィルターで夜景処理している。ゴジラとアンギラスが海を泳ぐ場面は巨大プールで撮影されているが、同年公開の20世紀フォックス作品『ポセイドン・アドベンチャー』も同じ方法で撮影された。ガイガンがコンビナートを襲撃するシーンは、夜間のオープンセットで撮影された。

1969年の『ゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃』以来、撮影は本編版と特撮版を分けない一班体制で行われていたが、東宝の特殊技術スタッフが東宝映像の所属となったことにより、同社の制作協力という形で本編と特撮の二班体制が復活した。

本作は、第1作『ゴジラ』(本多猪四郎監督、1954年)から一貫してゴジラを演じ続けてきた中島春雄による最後のゴジラ作品でもある[5][17]。中島は前年に東宝をリストラされ、系列の撮影所横のボウリング場勤務となり、怪獣役は引退していた。そのため、前作『ゴジラ対ヘドラ』(坂野義光監督、1971年)と同様、本作のオファーを受けた際にも中島は一度はこれを固辞した。しかし、「中島以外にゴジラは演じられないから」という中野らからの懇願により引き受けたという。

本作の音楽は、すべて伊福部昭の曲が過去の東宝特撮作品のみならず、一般映画『暗黒街の顔役』や、大阪万博の三菱未来館で用いられた「日本の自然と日本人の夢」からも流用されている。流用に当たっては、シリーズで監督助手などを務めた所健二が伊福部の承諾のもと、選曲を行った。伊福部はオールラッシュやダビングに立ち会い、ダビング時に曲を足したりもしたという[18]。当初の伊福部の構想では『宇宙大戦争』のオープニング曲をメインタイトルとして使用する予定だったが、ファンに聴きなじみがある曲なので「日本の自然と日本人の夢」の「火山」に変更した。これを監督の福田に聴かせたところ、とても気に入ったという。





TOP

弊社の配信するコンテンツ・動画等の整合性・信頼性に関しては万全を期しておりますが、
それにより生じた損害に対しては一切 の保証を負いかねます。
弊社が提供するコンテンツを無断で複製すると、著作権侵害となります。
Copyright (C) 2020, zeicompany. All rights reserved.
Free to Link
直線上に配置