直線上に配置

円谷英二的日本特撮映画史



ゴジラ・モスラ・キングギドラ
大怪獣総攻撃
 
2001年12月15日公開/東宝/105分
カラー/シネスコ
 
製作 富山省吾 脚本 長谷川圭一
横谷昌宏
金子修介
 監督 金子修介
撮影 岸本正広 音楽 大谷幸  美術 清水剛
 特殊技術 神谷誠  撮影 村川聰 美術 三池敏夫
特殊効果  久米攻  操演  根岸泉 助監督 菊池雄一
出演-新山千春・宇崎竜童・小林正寛・村井国夫・大和田伸也・佐野史郎・天本英世・渡辺裕之・南果歩・津川雅彦


「ゴジラ×メガギラス」から1年後の公開。

「ガメラ」シリーズの金子修介の監督作。
マンネリ化していた「ゴジラ」シリーズに突如として現れた傑作。
円谷英二亡き後の「ゴジラ」映画で、初めて本家を上回ったか、対等の面白さがある。

今までの怪獣映画の歴史を、ガラガラポンで上塗りして、インファント島のモスラではなく、金星からの宇宙怪獣キングギドラでもない、
初めて登場した巨大生物と言う設定が素晴らしい。
1954年から東宝怪獣映画を見続けている観客に対して、この映画は一種のお祭りであり、オールスター映画てもある。

随所に散りばめられたユーモアがまた良い。熱演演技にならない、半分素人の宇崎竜童も良い。ラストはジーンとしてしまった。

特撮シーンも、CG一辺倒ではなく、バラゴンの動作などはどこかコミカル。登場怪獣なのに副題に名前表記されないバラゴン。
ゴジラに簡単に投げ飛ばされてしまうその姿に、応援したくなる。
ヘリコ上のカメラマンのセリフにもあるように、これは監督金子修介の狙いだったろう。

ラストの、潜水艇がゴジラに飲み込まれるのはいかにも荒唐無稽だが、ゴジラの内部から爆発して潜水艇も浮上、生還してしまうその姿を見ると、涙が出てきてしまった。これがつまりは、映画の力だろう。

企画当初はバランとアンギラスが登場怪獣だったようだが、営業からの意見でモスラ・キングギドラに変更になったようだ。
これは正解だったろう。バラン・アンギラスだとマニア受けはしそうだが、やはり正月映画でもあり、派手な方が良い。

東宝が生んだ怪獣映画の財産を、みんなでド派手に楽しもうというこの映画のコンセプトに感動した。


以下Wikiより転載

---------------------------------------------------------------------------------------------------------
『ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃』は、2001年(平成13年)12月15日に公開された日本映画で、ゴジラシリーズの第25作である。カラー、シネマスコープ、ドルビーデジタル。併映は『劇場版 とっとこハム太郎 ハムハムランド大冒険』。

概要
「ゴジラミレニアムシリーズ」の第3作。本作ではゴジラは第1作のみを踏まえ、それ以後の日本に怪獣はまったく現われなかった設定となっている。主要襲撃地点は、太平洋、孫の手島(架空)、静岡県と山梨県の富士山麓、神奈川県、新潟県、鹿児島県。

本作でのゴジラは感情移入を拒む恐怖の対象や悪の権化として描かれ、戦争のメタファーとしての要素が強調されている。ゴジラの出現により命を落とす犠牲者が多く描かれているのも特徴である。

監督は、平成ガメラ3部作の金子修介が務めた。金子は以前よりゴジラ映画の監督への登用を東宝プロデューサーの富山省吾へ打診しており、従来のシリーズではプロデューサー主導で準備稿が完成してから監督が起用されていたが、本作での金子は企画段階から参加している。スタッフの人選も金子に委ねられており、平成ガメラ3部作やその他の金子作品に携わっていた人物が多い。特殊技術の神谷誠は、平成VSシリーズと平成ガメラ3部作の両方に参加していた。

劇中における1954年のゴジラ出現シーンの1カットに『さらばラバウル』と『晩菊』のポスターが登場している。

観客動員数は240万人を記録し、ゴジラミレニアムシリーズ中で最高の動員数となった。興行収入は27億1,000万円(2002年度邦画映画興行収入第3位)を記録した。

企画の変遷
金子による最初の案では対戦相手はカマキラスであったが、前作『ゴジラ×メガギラス G消滅作戦』との兼ね合いから実現には至らなかった。続く案では、宇宙線を浴びた宇宙飛行士が怪獣化するというもので、怪獣化した父と娘の交流が主軸となっていたが、悲劇にしかなりえず正月映画にふさわしくないとの判断から、3大怪獣を登場させるものへ改められた。

護国聖獣はバラゴンとアンギラス、バランだったが、有名な怪獣を出すことによる集客効果を狙った営業上の理由で、最終的にバランがモスラに、アンギラスがキングギドラにそれぞれ変更となった。かなり制作準備が進行した段階での変更だったため、ムックなどにおけるスタッフインタビューでは、「完成した作品に思い入れはあるが、当初の予定のままやりたかった」という発言が散見される。

防衛軍の設定は、武器の保有を認められている組織とすることで、対ゴジラへの出動をスムーズに描写することを意図している。また、自衛隊ではなく防衛軍が設定されたことで、自身が監督した平成ガメラシリーズのようなリアルな作風ではなく、正月映画としてのお祭り要素を重視したと述べている。プロットでは、国自体を「日本民主共和国」という架空の世界観とする案も書かれていた。

3大怪獣のプロット第2稿では、海底軍艦轟天の登場も予定されていたが、脚本を担当した横谷昌宏がゴジラの口の中に入って倒すことを提案し、特殊潜航艇さつまと推進式削岩弾D-03という形に改められた。

アメリカ版『GODZILLA』への言及は最初期プロットから存在していた。

本作のパンフレットによれば本作のメインコンセプトとして『三大怪獣 地球最大の決戦』があり、「強大なキングギドラ対ゴジラを代表とする三大怪獣」という構図は、「強大なゴジラ対キングギドラを代表とする三大怪獣」という構図へ置き換えられている。オープニングは「メインテーマと共に各怪獣の身体の一部が映される」というものであるが、これは前述の『地球最大の決戦』をオマージュしたもので、同作のオープニングも同様の内容となっている。

民宿のシーンでは、『ゴジラ』のスナップが飾られている。
50年前の回想シーンに『さらばラバウル』のポスターが登場する。
本作に出てくる戦闘機F-7JはSu-33をモデルにしている。

本作でゴジラが初上陸する焼津は、『ゴジラ』第1作の制作のきっかけとなった第五福竜丸が帰還した港であり、第五福竜丸のポスターやキノコ雲が登場するシーンがある。
ゴジラは最終的に、非常に特異な状態で生命活動は持続していたものの、本作は1954年版のオキシジェン・デストロイヤー以来の、人類の力によってゴジラを倒した作品であるといえる。

『とっとこハム太郎』との併映は、本作の製作中に『ハム太郎』の映画化が決定し、「巨大な怪獣ゴジラと、小さなハム太郎のカップリングならなかなか面白いのではないか」ということで決定された。併映は興行不振対策によるものであったともされる。

本作の公開に伴い、当時「ゴジラ」の愛称で親しまれていた松井秀喜が応援メッセージの中で語った「ぜひ来年はゴジラ君と共演したい」という一言により、次作『ゴジラ×メカゴジラ』への出演が決定した。

次作『ゴジラ×メカゴジラ』公開記念に『木曜洋画劇場』で放送されたバージョンはラストシーンにゴジラの復活を予期させる文字テロップを重ね、『×メカゴジラ』の予告編へとつなげている。ソフト化はされていないが、2016年8月7日にBS日テレでもこのバージョンが放送された。




TOP

弊社の配信するコンテンツ・動画等の整合性・信頼性に関しては万全を期しておりますが、
それにより生じた損害に対しては一切 の保証を負いかねます。
弊社が提供するコンテンツを無断で複製すると、著作権侵害となります。
Copyright (C) 2021, zeicompany. All rights reserved.
Free to Link
直線上に配置