直線上に配置

円谷英二的日本特撮映画史



大怪獣バラン★★★
1958年(昭33)10月14日公開/東宝/82分/
モノクロ/東宝シネマスコープ
 
製作 田中友幸 脚本 関沢新一  監督 本多猪四郎
撮影 小泉一 音楽 伊福部昭  美術 清水喜代志
 特技監督 円谷英二  撮影 荒木秀三郎
有川貞昌
美術 渡辺明
合成  向山宏  照明 岸田九一郎  造形 利光貞三
出演-野村浩三・園田あゆみ・千田是也・平田昭彦・村上冬樹・土屋嘉男・伊藤久哉・田島義文

「美女と液体人間」から約4ヶ月後の公開。

前年12月末に公開された「地球防衛軍」以後、この「大怪獣バラン」も同時並行で撮影されていたのだろう。
以下のWikiにある通り、元々は米国テレビ用の作品だったので出演者がBクラスなのが残念。

バラン登場から羽田空港上陸まで、自衛隊の陸海空との攻防がていねいに描かれている。

また怪獣の着ぐるみ造形技術がかなり高度になっていて驚かせる。バランの頭部が動いたり、重量が軽くなったのかワンカットで360°立ち回っている。さらに尻尾の操演も見事だ。


以下Wikiより転載
-------------------------------------------------------------------------------

原作は怪奇小説家として知られる黒沼健。後にゴジラシリーズの脚本に多く携わる関沢新一が最初に手がけた怪獣映画である。

当初、アメリカからの注文で全4部のテレビドラマとして制作が始まり、フィルムもスタンダードサイズだったが、途中から劇場公開が決まり、東宝特撮初のシネマスコープ版映画(東宝パンスコープ)となった。好評であればシリーズ化も予定されていた。
準備稿でのタイトルは『東洋の怪物 大怪獣バラン』となっており、この副題は公開時のキャッチコピーや怪獣バランの二つ名としても用いられている。





TOP

弊社の配信するコンテンツ・動画等の整合性・信頼性に関しては万全を期しておりますが、
それにより生じた損害に対しては一切 の保証を負いかねます。
弊社が提供するコンテンツを無断で複製すると、著作権侵害となります。
Copyright (C) 2020, zeicompany. All rights reserved.
Free to Link
直線上に配置